ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー

大人の恋愛話は書くの大変

 みんな寒いね! 今年の冬は雪がめっちゃ降るって本当ですか?! はよホッカイロ買いだめしとかなきゃ!

 ということでカクヨムにて連載中の『魔警の黒猫 第四話』「8 帰り道」を公開しましたー!

 

 最新話はこちら→

kakuyomu.jp

 

 シリーズはこちら→

kakuyomu.jp

 

 話を頭から順々に読んでいきたい人はこちら→

kakuyomu.jp

 

 今回何を苦労したかって、あっちは恋愛モード全開なのにこっちはそれを全無視だからですね! お前、気付いてないわけないだろー! と。いや、どうなんだろう、気づかない人は本当に気付かないもんだからね、恋愛って。

 今回の回は、優人が苫田さんとどういった関係性を築いていたのかも垣間見れた話になったかな、と。それと占い師との仲もね。これがあったから彼は絶望の中で全てを投げ出さずに済んだ面もあるんじゃないかなって思ってる。

 二人がどういった間柄なのかは後々の章で語ることになっているので、お楽しみに!

 

 それと前回にもお伝えしたように、数珠繋ぎ連載枠を一個設けて毎日一章ずつ公開してまする。予定では第二話までそれやって、そのタイミングで『トキ傳 第一話』を完成させておく、つもり。まあ、毎日更新を目標にしているのですよ。だから今から『魔警の黒猫』読むぜ! って方はこっちをフォローしてもらえたら毎日ちょっとずつ読めるよ〜と。そして「毎日待てねぇわ」となったら各話をジャッと読んでもらえたらいいのではないでしょうか? そんな感じでこの枠設けてまする。

 

 それと第二話の書き直し。あともう少しで終わるので今日中に入れ替えしたいなぁ。したら近況ノートでチラッと書く予定。よろしくお願いしまする〜。所々解説を補強したり書き間違えを訂正したり章を分割したりしてまする。よろしくお願いします!

 

 さてさて、第四話は恋バナだからねぇ。悩むことはそんなないんだけれど、如何せん恋バナ書き慣れていない私は苦労が多い。でも駆け抜けるぜ! なんたって今年中に第五話までいきたいからね。

『魔警の黒猫』は第一話〜第五話までが第一部。第六話から第二部開始なんです。第二部から凄惨な描写が続くから、第一話のあの感じがプレイバックですよ。キッツイなぁ。でも書くの楽しい! お楽しみに!

 つまりは、第一話〜第五話までは伏線のための第一部なんです。読み逃しなく!

 

 もうね、日々恐山ル・ヴォワールが楽しみで楽しみで堪らない。青春の中に紛れ込んだ大人の漫画だったんですよ私にとってね。

 ではまた!

ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー