ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー

今回はキャラ小説なり

 みんなお疲れ様ー! 毎日変な天気だね! 困るわぁ。お米の値段、上がりませんように。

 ということで! カクヨムにて連載中の『魔警の黒猫 第三話』「7 テスト終了」を投稿しましたー! いえーいぱふぱふ

 

 最新話はこちら→

kakuyomu.jp

 

 シリーズはこちら→

kakuyomu.jp

 

 前回、前々回と優人さんターンで重い話、というか設定の話ばかりで読みづらかったかと思いますが! 今回は少女漫画のような回です! 頭パーンってなるくらい軽い回になったかと!

 あれだよね、少女漫画の醍醐味。どうしてイケメンがこんな平凡な私に声をかけてくれるの?! なドキドキですよ。和香奈は違う意味でドキドキしてたけど。乙女心を失った少女なのですよ。かわいそうに。

 こんな回だから、書く私の疲労度も軽いものでした。ありがたやありがたや。こんなに軽くて後々の展開大丈夫かいな、と不安になるくらいには、軽い。

 

 そんなだからか、初め買いてたイケメン君の登場シーンは一度全部書き直したという。なんか、前回に釣られてめちゃくちゃ悪いキャラになっちゃったんですよ、イケメン。そんなイケメンじゃダメだよーってことで、急いで全部書き直すハメになった。キャラががっちり固まっていないと、こういう目にあう。反省。

 そしてブレない優人。君はブレなさすぎる。まあ、そうじゃなきゃ困るんだけどさ。ああ、第一話を書き直したい。フルで。

 

 あと残りはふふふ〜なノリで書いていける、はず! 少し苦労するだろうな、と想像ついてる回はあるけど、まあいけるでしょ。何より第四話を気軽に書きたい。あれは頭パーンで書けると思う。今後の展開考えたら、気軽すぎて特別な回になるだろうし。

 ということで、楽しんでもらえたらば! よろしくです!

ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー