ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー

女のバトルは怖い

 みんな元気ですかー! 私は本格的にブログ運営しようと画策中で、そのうちここのブログを引っ越しするよ! 忙しい!

 ということでカクヨムにて連載中の『魔警の黒猫 第四話』「13 五度目の探索」を更新しましたー! 前回が二度目の探索なのにいきなり五度目にすっ飛びまするぞよ!

 

 最新話はこちら→

kakuyomu.jp

 

 シリーズはこちら→

kakuyomu.jp

 

 頭から順番に読みたい人はこちら→

kakuyomu.jp

 

 今回は恐怖の女子会! 恋愛のライバルは容赦ない! 書きながらマジでこわっ! と怯えておりました。モテモテやね優人くん。でもまあしゃーない! 主人公だもの! 社会人不適合者だけど主人公だもんね!

 今回のポイントは何で和香奈がずっと生駒さんのことを占い師と呼んでいたのか、占い師もなぜ和香奈のことを名前で呼ばなかったのか、がちょっとわかったかな、と。恋のライバルですからね、相手を警戒してなのですよ。でも流石に生駒さんの方が大人だから、折れてくれたっていう。

 優人さんの過去話も少しずつ明らかになってきたかなって。一応この小説の主題でもあるからね、過去話。過去編は第十話になるのだけれど、それを読んでみんなはどう考えるのかなと思うと、今から楽しみです! いつになるかな第十話! 来年末くらいに書けてたらいいよね! 遠い!

 

 で、生駒さんが何に気付き諦めたのか。恋する乙女が陥りがちな部分なのですよ。それはズバリ。

 相手の幸せじゃなくて自分の好きが最優先であった。

 ということ。まあ、恋と愛の違いでもあるよね。相手のことを思いやってあげるのではなく、自分の感情を最優先にしてこっち振り向いてくれたら万々歳、な状態だった。優人さんの置かれている環境からしたらそれは、難しいですよ。日々命懸けで頑張っているのに「好きなの〜付き合って!」て言われても、何言ってるねんこのアマですよ。いや、優人さんはこんな口悪くないからね? でも感情としてはそうならざるを得ない。

 でも恋に恋しちゃってた生駒さんはそこをきちんと把握できなかった。だから、和香奈の気持ちを聞いて気づいて、諦めた。和香奈はそこを見ていた。自分にはないモノだったのです。

 じゃあ今からその視点で頑張りましょーとはならないのが、生駒の占い師の悲しいところでして。彼女はずっと「これは報われない恋だ」という認識はあったのです。でも未来は心で揺らいで変わっていくものだからさ、もしかしたらの一発逆転をずっと夢見てた。

 でも、それももうおしまい。失恋は悲しいね。

 

 なんで今回生駒さんの感情をガバッとブログに書いたのかというと、ここじゃないと書けないから。ストーリー全体では説明する場所ないからね。多分。だから、ここだけの裏話。

 

 ではまた次のお話をお楽しみに!

依存と執着と恋愛中毒

 皆様ご機嫌麗しゅう。

 9月のカクヨムリワードが確定しその感謝小説としてカクヨムに『飴玉を舐めるような』を公開しました! 恋愛中毒短編小説完結済みでございます。過激な小説になってしまった。カクヨムから怒られませんように。

 

 小説はこちらから→

kakuyomu.jp

 

 二、三週間前だったかな? Twitterで「恋愛中毒」というハッシュタグを見つけまして、それで一本書きたいなぁと思ったのです。でも私ってば恋愛経験少ないからさぁ、どうしようかなとコネコネ頭の中で考えてたのです。

 んで、その結果完成したのが今回の小説なわけでして。

 読んでもらったらわかるのだけど、めっちゃヤバい。倫理的に。怒られるかなぁ怒られたくないなぁ。どうか怒られませんように。ホント不安。怒られたら速攻で削除しますよ! 感謝小説なのにその扱いはどうかと思うけどね! よろしくお願いしますカクヨム運営さん!

 そんな感じなのでR15です! みんな守ってね!

 

 今回の小説は一通り読んでもらった後に読み直すと妄想力が鍛えられまくる構造にしています。*で区切っている意味がわかったら、ええ、なかなか上級者ですよ。いやん。

 彼女の言葉にどんな意味があるのか、このシーンではどのような状態なのか、そんなことを妄想してみてください。まじえっち。いやん。

 

 彼女は肯定していたのか否か、は人によって受け取り方が変わるかなと思ってます。あの関係は依存であり執着であり恋愛中毒。どこにもいけない毒なのです。それを良しとするか悪とするか。価値観の違い。

 それを拠り所にして生きていくのは本当に辛いと思う。常に喉に手が添えられているような生き方。そのことに快感を覚えるのか息苦しさを覚えるのか。

 心を扱うのは難しい。

 

 ではでは、この沼をば堪能してくださいませ。私はお陰様で久々にどっぷりで息が詰まりそうです。はよ浮上せねば。

 ではまた!

許嫁の存在ってラノベっぽいよね!

 みんな元気ですか!? 私は皆が私の小説を読んでくれて、本当に嬉しいです! ありがとうございます!

 さてさて! 今日はカクヨムで公開中の『魔警の黒猫 第四話』「12 二度目の探索」を公開しました! 引き続き殺傷現場探しです!

 

 最新話はこちら→

kakuyomu.jp

 

 シリーズはこちら→

kakuyomu.jp

 

 頭から順番に読みたい人はこちら→

kakuyomu.jp

 

 前回は魂と心の話で、今回は生駒の予見と苫田さんの先読みの話をちょっとばかし。ようやく苫田さんの話ですよ! お待たせしましたーてな感じです! まあ、全然話せていないけれど。でも生駒の技術の苫田さんの技術には違いがある、ということだけ伝わればいいかな。今後もちまちまと語る機会があると思うので、お楽しみに!

 そしてやっぱ許嫁というのはワクワクするよね! 許嫁! 一般庶民とは縁のない単語だわ! わっくわっく!

 優人さんと占い師の関係の話は、次の章でもするのでお楽しみに!

 で、そもそもどうして占い師は苫田さんのところに連れて行かれたのかという裏話。実は占い師、学生の時はそりゃもう美貌でモテモテだったんですよ。それでいつも鼻高々。「私ってばマジ美人だから〜」という鼻につくような感じだったのです。それを見て母親が「こいつは一度痛いめ見んとダメだわ」と判断して連れて行ったという。

 つまり、そういうことだよ。

 次の章、お楽しみにしてくださいませ! 絶賛恋愛小説展開中だよ!

 

 今後の予定をお知らせします〜!

・11月19日満月の日に『トキ傳 壮途の儀』の冒頭をちょこっと公開!

・12月に『トキ傳 壮途の儀』本編公開!

・12月に『魔警の黒猫 第四話』完結→『魔警の黒猫 第五話』スタート!

・2月1日にありま氷炎さんが開催予定の第7回春節企画に参加!

 です! 合間でちまちま短編やら小話やら猫先輩やら書くと思います! お楽しみに!

 

 ではまた!

半分酔っ払って書いたから勢いしかない

 みんな元気ですかー?! 私は昨日猪肉食べてその美味さにほくほくですよ! ジビエ大好き! ジビエ万歳! 長門はいいところだ。ジビエ安くてうまい。

 今回は前にチラッと呟いてた異世界転生系の短編小説をば公開しました! ええ、異世界転生が大好きな人からしたら「うっせーよこのアマ!」と罵詈雑言なものでございます。ごめんね! でも私が思い描ける異世界転生系はこんな感じなのよ。どこまでいっても今しかないというか。

 

 読んでみたい人はこちら→

kakuyomu.jp

 

 前回の『魔警の黒猫 第四話』で更新した魂についての世界観、それが如実に表れている短編にもなっておりまする。

 魂ってのは結局のところ、自分で決めた約束事なのよ。でもそれを忘れてしまうのが生きるということであって、今回の話はそれを指摘されているにすぎない。

 自分らしくとか自分はこうであるべきとか、それは思い込みなのかそれとも魂の予定なのか、それをきちんと見極めなくちゃダメだよなぁとは常に思い悩むところ。

 

 異世界転生系で一本書こう! となった時の私の中のハードルは今回書いた小説のような内容。つまり、「なんであんた異世界転生したらチート使えるって思うのさ?」ですよ。その理由に神様が間違っちゃって〜とか、勇者求むなんですよ〜とかいろいろ理由を挙げられるけど、でもどうなのかなぁ。前世の記憶を引き継いで転生! でチート! って、不公平じゃん。

 もし前世の記憶を引き継いで主人公がチートするのなら、同じような立場の人間がもっといていいと思うのよ。でも私の知ってる異世界転生系ってそれが無いじゃん。その世界を形作っている人たちの存在意義とかまるで無視している。私たちは所詮社会に生かされている一個人なだけであって、特別な何かになりたければそれ相応の努力が必要。それが等価交換、でしょ?

 そこをスッとばかして神様のうっかりですテヘペロ! は私の好む形じゃないなぁと。

 そんなことを悶々思いつつ酒飲んで一気に書き上げた。ええ、創作期間は八時間ちょいくらいじゃない? これ。勢いって大事。

 

 今回挙げた三つの異世界転生先、どれも小説にしたらこれはこれで楽しい一本が書けると思うよ。でも醜い話になるだろうなぁ。どれか読みたいとかあったらTwitterにでも連絡ください。気が向いたら書くかもしれん。正直、あまり食指が動かんけれど。

 

 まあ今回は私なりの公平性の話。つまらない議論を延々とやることに意義があるのかないのか、みたいなね。読者の人が何を受け取るのか、まあ大方の人は怒りじゃない? でもそれでいいと思う。

 変わりたければ自分が努力するしかないんですよ。電車燃やしても何も変わらん。

 

 ではまた!

これは一度じゃわからない

 みんな元気ですかー! 私は忙しい一日をなんとか乗り切ってきたよ! なんでこんなにも忙しいんだろうね? 一年があっという間なのです。でも、さぼってないよ? 充実しているからこそ忙しい。

 さて! そんなに忙しくたって楽しいからね更新したよ! カクヨムにて公開中『魔警の黒猫 第四話』「11 予見」! めっちゃスピリチュアルな章を公開しましたー!

 

 最新話はこちら→

kakuyomu.jp

 

 シリーズはこちら→

kakuyomu.jp

 

 頭からじっくり読みたい人はこちら→

kakuyomu.jp

 

 今回の「11 予見」は魂と心の関係性を描いた話でございまして! 正直異色だろうなぁと。だって魔術師モノでここまで魂と心の違いをがっちり描く必要があるのかと。というか需要があるのかと。

 でも魔術師を描く小説には欠かせないよね魂。すっごく楽しい題材ではないですか! あれはどれだけもいじれる。でも、素材を下手に調理はしたくない。その落とし所を考えつつ、な結果があれ。というか私の世界観でもあるのですが。

 人間の生活の根本に深く関わる感じ。………だんだん怪しいセールスみたいになってきたな! みんな怪しい話には気をつけてね! 最終的に金払えは詐欺だと思うのよ、私!

 

 正直今回書いた話は一回読んで「わかりました!」とは言えないだろうなぁと思ってる。自分なりにかなり噛み砕いて書いたけれど、でもまだまだ一部分というか、そのくらい難しくて複雑な世界観。読んでいて細かいところまで気が付く人は「この場合はどうなんねん!」とツッコミたっぷりだと思うもの。それだけ一部分しか描いてない。ツッコミまくりながら読んでみてくださいませ。いろいろと思うところが出てくると思う。それを全て黒猫で描ければ良いのだろうけれど、どこまでできるかな? そこは微妙。

 でも人として一番重要な生き方のステレオタイプ? こうあれば問題なし! な形を描いたので、妄想力を膨らませてみてください。これであなたは理想のあなたになれるのです!

 ああやっぱりオカルトなスピリチュアルで詐欺だわこれ! みんな気をつけてね!

 

『トキ傳』がびっくりするほど書くのが難しい問題。これが難しすぎてつい黒猫を描いてしまう謎の現象ですよ。黒猫書くの楽しい。トキ傳大変。でもどっちも楽しいものに仕上がるように頑張ります!

『トキ傳 壮途の儀』の一番最初の章だけを、11月19日に公開する予定です! それだけを読んでその世界観を想像していただければ幸い。正直、『トキ傳 観月の宴』が大好きな人はびっくりする、いや、ショックを受ける、気がする。ごめん。

 

 最近むしゃくしゃな気持ちになることもあり、そんなこんなで異世界系の短編小説を書こうかな、と。異世界系が好きな人が読んだら「このやろ許さねぇ滅びろー!」と思うような短編にしたい。私は異世界系にいまいち理想を抱いていなくて。それを形にしたいなぁ。

 

 私はドリームよりもリアルが見たい。例え小説の中でもね。

 

 ということで、この辺りで酔っ払いの戯言は終わらせようかな。ええ、今日はビールを飲んでワインを飲んでウイスキーを飲んで幸せいっぱいなのですよ! お酒っていいよね! リアルの中のドリーム! まだ未成年の人はそれを楽しみに生きてみて!

 人生は悪くはない。最良ではないかもしれないけれど、でも最低ではない。あなたは恵まれていて幸せを享受できる権利を持っている。生きるって複雑怪奇で魑魅魍魎、ドーパミンに支配されるのですよ!

 あなたの幸せと気づきを祈って。

 ではまた!

乙女の心は複雑すぎる

 みんなおはようございます! 今日から一気に寒くなるね! 冬だわ冬! 鍋が美味しい季節がやってきました!

 ということでカクヨムにて連載中の『魔警の黒猫 第四話』「10 場所」を公開しました!

 

 最新話はこちら→

kakuyomu.jp

 

 シリーズはこちら→

kakuyomu.jp

 

 頭から順々に読み進めたい人はこちら→

kakuyomu.jp

 

 とにかく乙女心は複雑すぎる! 前回はハブられた感で不貞腐れ、今回は無自覚な嫉妬で不貞腐れ、でも相手の気持ちがわかったらそれを許すという。もうね、面倒臭いったらありゃしない! 素直が一番ですよ!

 前々回〜今回の話までの流れで和香奈の心情がようやくいつものモードに戻りまする。良かったよほんと、良かった………もうちっと素直になってほしいもんだ。

 まあ、無自覚だからしゃーない。

 それで、今回和香奈が疑問に思ったことは徐々に説明していきまする。なぜ占い師は先読みができるクセに優人に振り回されるのか。説明っちゅーほど説明はないけど。でも次くらいにする、かな?

 

 春に応募予定の小説、どんなもんにしようかなぁと悶々と考えていたのですが、ちょっと閃いたのでそのメモ。

 異世界ファンタジーものは今『トキ傳』を書いているのでそれとは被らない方向で、というのが一つ。おんなじようなものをたくさん書いてもしゃーないですし。んで、やっぱり流行りのゲームっぽい世界観はやりたい。でもあまりにも空想に偏ると私の好みからは外れてしまうなぁという問題。

 そのバランスをとって一個思いついたので、それを二月くらいには形にしていきたいな、と思ってます。お楽しみに! このネタは『魔警の黒猫』ほど重い話にはならないです。頭使わずに気楽に読めるライトノベルになるのではないかと!

 

 寒いけれど風邪とかひかないように気をつけましょう!

 ではまた!

ツギクルに『魔警の黒猫』リンク貼ってみた

 みんな元気ですか?! 私は久々に大阪王将で餃子をたくさん食べて大満足中ですよ! ええ、『トキ傳』の執筆がまるで思うようにいかなくったって餃子は美味しい! 美味しいよ!

 ということで今回ツギクルに『魔警の黒猫』のリンクを貼ってみました!

 

 ツギクルはこちら→

www.tugikuru.jp

 

 カクヨムはこちら→

kakuyomu.jp

 

 正直に言わせてくれ。何が何だかさっぱりわからん!

 あれなーこういうとき機械音痴が如実に現れるよなー。何がどうなったらこうなるのかさっぱりなのだが、でも何事もまずは挑戦! ですわ! クルってのがなんか通貨みたいなものなんだろうなぁってぼんやり思ってる。どのくらいで1クルがゲットできるのは謎だけど、きっとそうなんだろう。

 スペシャルサンクスの機能もよくわかんなくて。あれって、何………? ファンが受け取れるメッセージなのかね? でも画像登録とかようわからんべ? サイズがなー、なんかいろいろ指定がある、ようだ?

 まあ、ぼちぼちやっていきまする。

 

 今週末は『トキ傳』の執筆に集中じゃーいっ! って思ってたんだけど、今日一日用事がありすぎて進めていない問題。あれはめっちゃ集中力が必要なんですよ。黒猫のように気楽にパパーとは書けんのですよ。気がついたら黒猫書いてる自分にびっくりだよ! どういうことなんだろうね?

 そんな感じなので、明後日には黒猫更新しまする〜。お楽しみに!

 と言っても今連載中の『魔警の黒猫 第四話』はガッツリ恋愛話だから、第一話で盛り上がった人には本当に申し訳ない展開。特にあれといって戦闘ないからね、第四話。第五話は多少面白みがあるけれど、でもやっぱり第六話! 第六話ですよ! 第六話こそ魔術師らしい魔術師バトルがやってきます! お楽しみに!

 その第六話も予定では年明けて一月には開始したい。だから第四話、第五話は駆け足で駆け抜けたい。頑張ります! 応援よろしくお願いします!

 

 ではでは今後ともよろしくです!『トキ傳』頑張る!

ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー ツギクルバナー